60年代後期のシスコ・ロック勢(サン・フランシスコを拠点に活動した ブルース・ベースのアート・ロック、フォーキーなサイケデリックなど様々な 音楽要素を抱えたロック・バンド達の総称)の中でもその通好みな米ルーツ音楽の ミクスチャーぶりと、独特の存在感・サウンドで異彩を放ったモビー・グレイプ。
彼らの当時の評判を伝えるもので、デビュー前、エレクトラ・レコードと 契約の話が進んでいた彼らを口説き落とし、彼らをコロンビア/CBSに迎え 入れることに成功した若手敏腕プロデューサーが語った、当時のサンフラ ンシスコで最高のバンドだったのがモビー・グレイプだった、という話がある。 身贔屓があるにしても、その後の会社のプロモーション失敗のせいもあっての セールス不振で、歴史上マイナーな存在に甘んじているモビー・グレイプがかなりの 実力派的存在だったかが分かる発言ではある。
 ここ日本ではかつて、はっぴいえんど 、特にメンバーだった細野晴臣氏が バッファロー・スプリングフィールドと共にこのモビー・グレイプをフェイバリット に挙げていたことで、彼らの名は知られているし、もっと言えばそのはっぴいえんど からの影響を感じさせるバンド、サニーデイ・サービスの曽我部氏が、
2〜3年前に発表された元モビー・グレイプ・メンバーのピーター・ルイスの新作に コメントを寄せていたことも思い出されるのだが、一般的に言ってモビー・グレイプ が常に「もっと評価されていかるべきグループ」のひとつに甘んじている気がするのも否めない。 通好みのする、というのは勿論誉め言葉でもあるが、 個人的にはもっと多くの人に聴かれて欲しいグループの筆頭に挙げたいのがこの モビー・グレイプなのだ。とにもかくにも短命な活動に終わりながらも、 ユニークな存在感で人気を誇ったモビー・グレイプの音楽にぜひ一度触れてみて頂きたい。
 66年夏、サンフランシスコで結成されたモビー・グレイプ。 メンバーはジェファーソン・エアプレインの初期メンバーだった アレキサンダー・スキップ・スペンス(クイックシルバー・メッセンジャー・サービス にも在籍していたことがある)、Franticsに居たジェリー・ミラーとドン・ スティーヴンソン、南カリフォルニアでサーフ・バンドをやっていたピーター・ ルイス(母親は女優のロレッタ・ヤング。ハリウッド育ち)、そしてこちらも 南カリフォルニアで活動していたボブ・モズリー。その後モビー・グレイプはし ばらくサンフランシスコのローカルなクラブで演奏を続けていたが、そのうちに地 元のミュージシャンやサン・フランシスコを訪れたミュージシャン達の間で、彼らの 評判は高まって行った。
 67年、デビュー・アルバム モビー・グレイプを発表。 ここではブギを基調としたブルースっぽいナンバーや、カントリー・ロックの 先駆ともいえるサウンド、そしてサイケを通過したユニークなフォーク・ロック などを聴かせている。彼らのデビューに際しては、コロンビアによって異例の売り出し 方が謀られた。関係者を集めての大々的なパーティーが催されたり、デビュー作からは 一挙に5枚のシングルが発売されるなど…。しかし、これがことごとく大ハズレ。 内容の方は充実していたものの、セールスが延びず、トップ・バンドへの道は早くも かなり険しくなる。 モビー・グレイプのサウンドの魅力はスキップ、ジェリー、ピーターによる3本のギターの絡み、 そして独特のコーラス・ワークなどにあり、またメンバー5人がそれぞれ曲を 書けるというところもバンドとしての強みだった。レコード会社のセールス展開の失敗で、 モビー・グレイプは大きな成功を収めることは出来なかった。
リスペクトページのインデックスへ

トップページへ