お天気快晴。これ以上ないような夏日。

5:30の相鉄線に乗り6:30茅ヶ崎駅到着。バスに乗りサザンビーチに7:00前に到着。
整理券は8:30から配布だというのに、徹夜組を含め目測で2000人くらい並んでいる模様。
とりあえず最後尾に並ぶ。この分だと「A3」「B3」ブロックには入れるかなと予想する。

予定より早く8:00過ぎに整理券配布開始。

配布開始から1時間くらい経過しただろうか、配り終えた人のスペース分詰めるため、列を乱さずそのまま前方に移動してくださいとの事。

が、・・・・列など関係なく我先にとみんな小走りに走り出す。結果的に来た順に並んでいたのが全く意味を成さなくなる。

おまけにみんな前へ前へ詰めるから満員電車状態。群集が風通しを悪くし熱気が立ち上る。

しばらくして「パタ・・・」「パタ・・・」と1人、また1人と熱中症で倒れてゆく。

自ら危険を察した人も隊列から次々と離脱していく。

おそらく私の周りだけで7,8人倒れ、20人くらいは諦めて帰っていきました。

待てど暮らせど仕切りが悪く全く前に進まない。どういう経過になっているのかの連絡さえない。

並びはじめてから4時間経過の11時過ぎ、心が折れて離脱。グッズを買おうにも、まずはグッズ購入の整理券→その後

番号順に購入とのことで、さらに炎天下の中、数時間は費やすのは確実なため断念。そのまま帰宅。。

まず運営サイドが最悪・最低。人が足りず全く仕切れていない。
フリーライブを含め数え切れないほどコンサートは行きましたが、ダントツで一番最低です。

ライブが始まる前段階も徐々に気持ちを盛り上げていく上で重要な事であるのに結果的に「残念」の一言につきました。


最前方にスタッフが数名いるだけで、後方・サイド・隊列内に誰一人いない。
結果的にマナーを守らないものが出、前方からの連絡は遠すぎて聞こえない。
熱中症などで倒れた人がいても地元のライフセーバーが助けていたが、本来は運営者側のスタッフがそういうことにも気と人員を配りサポートするべきではなかろうか。

整理券配布の1:30前に到着したのに4時間以上並んでも整理券さえ手に入れることができないライブなんていうのは運営者側の怠慢としか考えられない。
ライフセーバーさんがタオル濡らす用の水をバケツに汲んで回っていたが、運営サイドからはこれだけの炎天下で熱中症によりダウンする人が続出しようとも
放水も水の差し入れも何もない。。どころか隊列が乱れてからは、スタッフ1人さえ来ることがなかった。
前方で何か説明しているのだが、同時にライフセーバーが炎天下での注意を促し、海専用のマイクからは迷子のお知らせが流れてる。もう何がなんだか。。

「熱いのでこまめに水分補給してください」と繰り返し言うが、ペットボトルが空で、買いに行きたくても隊列を離れるわけにいかないんだが。


フリーライブであろうがなかろうが関係なく、安全面を確保するというのは運営者側の最低の義務ではなかろうか。