ウッドストックの翌年となる1970年、ブリテン島のすぐ下のワイト島で「ワイト島ポップ・フェスティバル」が行われた。ウッドストックが3日間で40万人の観客を集めたのに対し、ワイト島では4日間で60万人の観客を集めたという。ジミ・ヘンドリックスの名演でも有名なフェステイバルだが、残念ながらこのイベントは、フラワー・ムーブメントの崩壊を世に知らしめた大失敗作として、後の世に語り継がれている。
フェスティバル後、残ったのは混乱と膨大な赤字とゴミの山だけだった。
前の年に行われたオルタモントのローリング・ストーンズ・コンサートにおける、黒人青年惨殺事件から、すでにその終わりは明らかだったのだが、時代はすでに変わろうとしていたのだ。
そしてこのイベントでは、その混乱がさらに吹き出し、観客と主催者とのトラブルや観客どうしの喧嘩だけでなく、アーテイストたちへのヤジ攻撃など、その状況は混沌を極めていた。
この時代のロックという位置付けは世の中にはお金では買えない大切なものがたくさんあり、それを象徴しているのがロックだった。ロックは反体制であり、いかなる制度や拘束からも自由であるべきだった。
すでにビデオでも発売されているが、単なる音楽ビデオという枠を超えてドキュメンタリーとして見たほうが面白いと思う。コンサートのスタッフは結局観客を制御しきれず、会場は騒然とし、あまりのマナーの悪さに、演奏中のクリス・クリストファーソンは怒って帰ってしまうし、観客に乱入されたジョニ・ミッチェルは演奏しながら泣き出してしまう。特筆すべきはジミヘンだが、彼はこのフェスの20日後、帰らぬ人となってしまう。







ワイト島での模様が収録されたドキュメンタリータッチのビデオ!当時の様子を知るには十分すぎるほどの内容です。



伝説のワイト島フェスティヴァルでの、ロック史上に残る名盤「トミー」を再現している歴史的ライブ映像。全22曲収録。

こちらもワイト島でのライブを収めたものですが、前者のものとは収録内容違ってます。


Copyrights 1999- FESTIVALトップへ戻る
All rights reserved.Do not duplicate or redistribute in any form.